みんな大好き温泉!

ゆったり温泉

温泉はアトピー改善に本当に良いのか

温泉に入ってアトピーが完治したといった話を、巷で耳にすることもありますが、実際にアトピーが治るのかは、医学的根拠もないためはっきりとした答えが出せません。
しかし温泉では保湿、殺菌効果があるため、アトピー性皮膚炎には良い作用を与えてくれることは確かです。
泉質には大きくわけて11種類に分かれていて、どれがアトピーに効果があるのかは、個人差があるため入ってみないと分からないとされている一方で、酸性泉、硫黄泉、炭酸水素泉、塩化物泉などは効果があるとして、よく挙げられる泉質です。
逆に食塩泉などは、入浴後に炎症部分に痒みを生じるらしく、入浴は控えるべきとされています。
皮膚に住み着く黄色ブドウ球菌が増殖することで、アトピー性皮膚炎が悪化するとされていて、殺菌作用のある泉質であれば、これを抑制して改善させる効果があるのではないかと言われています。
また熱すぎると肌に刺激が強く掻きむしることもあるため、ぬるま湯を選択する必要があるようです。
温泉の湯治とは2~3週間続けて行い、1日に2、3回は入浴することが大切であるとされているため、数日程度の宿泊や日帰りによる入浴では効果が実感できないということを理解しておくべきでしょう。
また温泉は公衆の場であるため、雑菌が多くアトピーが悪化する可能性もあるので湯治をする場合は注意しましょう。

温泉に行くと色々な楽しみ方ができる

趣味は日々の生活に潤いを与えてくれるもので、色々な趣味がある中でも特に気分転換に役立つものとして、旅行はとても人気があります。
毎日仕事や家事、勉強などであくせく動いている人たちにとっては、日常生活から離れた別の場所に足を運ぶことでリフレッシュできるのです。
旅行先としては海外を選ぶ人も少なくないですが、身近な温泉地に行きたいという人も大勢います。
旅行をしたいと思ってもなかなかまとまった休みが取れなかったり、金銭的にそれほど余裕がなかったりするという人であっても、温泉地なら自宅からそう遠くない場所にあるという人が多いでしょうから、日帰りや一泊二日といった形で気軽に行くことができるのです。
もちろん気軽さだけが魅力というわけではありません。
自宅のお風呂よりも大きな温泉浴場に入って体を温め、心をゆったりとさせることにより、心身に日頃から蓄積した疲労やストレスを解消するという大きな魅力があるのです。
また温泉地の多くは観光地でもあるので、歴史的な名所やテーマパークなどの自分の関心のある観光スポットを巡ったり、地元の名物料理などのグルメを楽しんだり、その地でしか買うことができないようなお土産品を探したりなど、色々な楽しさを味わうことができるのです。

recommend

東京のダイビングスクールなら

Last update:2018/11/12

COPY RIGHT (C) 2015 ゆったり温泉. ALL RIGHT RESERVED